実験ブック・工作ブックはおうち英語にぴったり【幼児・小学生】

おうち英語をやっているパパママは「いかにして生活や遊びの中に英語を取り入れるか

を常に考えているのではないでしょうか?

たこ
わたしもそうです^-^

絵本を読んだりDVDを見たりするのも良いインプットになります。

でも、時々は親子で手を動かせるものにも取り組みたいところ。

 

この記事では、おうち遊びにぴったりな実験ブック、工作ブックをご紹介します。

対象は幼稚園生~小学校低学年くらいで、おうちの方の手助けが必要です。

親子で楽しむ英語タイムのヒントになれば幸いです。

 

365日分の工作のヒントが詰まっている一冊

たこ作り

365 Science Activities

365日分のネタが詰まった素晴らしい1冊

タイトルこそ「Science」となっていますが、紙飛行機を作る等、本当に簡単な工作レベルからあります。

用意する材料もわりと家庭にあるもので賄えます

 

親としては準備や後片付けが少し大変ですが、子供は楽しく取り組めるのでオススメです。

上の写真は、スーパーの袋を用いて凧を作っているところです。

実際に飛ばしていないのでうまく飛ぶのかどうか少々疑問ですが。

 

それでも家の中で凧を引きずり回して喜んでいました。

凧を作ったあとは、ステッカーや折り紙等を貼ってデコレートしていました。

なんだかんだ言いつつ1時間ほど工作を楽しんでいました。

 

6歳の娘にも少し手伝いが必要なくらいのレベル感です。

 

この本の良いところは、本の閉じがリング式になっているので本が開きやすいという点です。

紙も厚紙を使っているので滅多なことでは破れることはなさそうです。

 

まさしく低年齢から使える一冊でしょう。

 


365 Science Activities

 

気分はサイエンティスト。実験の本。

ロボットを操作する子供

 

Look I’m a Scientist


小麦で粘土を作りました。

1冊目の本よりも、内容が少し実験寄りになっているかな、という感じ。

あまり違いはありません。

 

幼稚園児でも取り組めるレベルですので十分に遊べます

実験の種類で言えば水を使ったりするものが多いです。

バスルームや洗面台などでやった方がいいかなと思えるものもあります(笑)

 

子供が気に入りそうな実験ばっかり載っていますよ。

 

また、この本のシリーズで子供用のレシピブックもあるので、別の記事で紹介しますね。

 

意外と使える100均の本

 

本を読む女の子

 

ダイソーの折り紙ブック

折り紙が好きなお子さんは多いと思うのですが、実はダイソーで売っている折り紙の本が結構良いです。

折り方の説明が日本語と英語で書かれているのです。

子供は文字など読まず絵を見て折ってると思いますが、親のわたしが「へーこうやって言うんだー」と英語の勉強になります。

 

まとめ

 

材料を準備したり多少手間がかかりますが、おうちで過ごす時間が楽しくなります

たくさん題材がありますので、お子さんと一緒に興味のあるものが見つかるといいですね。

幼稚園くらいのお子さんでしたら、ハサミやノリを使う練習にもなって一石二鳥

 

ちなみに、これらの本、わたしはAmazonで買ってます。

以上、オススメの実験ブック、工作ブックのご紹介でした。