【1歳】のおうち英語。CTP絵本の投入。まだまだインプット期。

0歳から始めた我が家のおうち英語。

1歳のときの取り組みを記します。

 

基本はCDかけ流し

 

1歳になりました。

1歳になったからと言って特にやることは変わりません。

基本はCDのかけ流しです。

 

マザーグース等の歌などが聴いていて楽しいですし良いですね。

パパママが一緒に歌えると楽しいです。

 

1歳になると簡単な動きもできるようになると思いますので、手遊びのような振り付けがある歌もオススメ。

以前紹介したような”tinkle tinkle little star”もそうですし、”itsy bitsy spider”も簡単で覚えやすいです。

 

“itsy bitsy spider” の良い動画があるので紹介しますね。

ただ、こちらの動画は歌詞が書かれていないのが残念ですが^^;

 

 

この動画は、”CATIES CLASS ROOM”というシリーズ

CATIES 先生が歌を歌ってくれたり、アクティビティをしてくれたりとまるでクラスに参加しているような動画があります。

 

我が家では、2歳になるまではテレビや動画を見ていなかったのですが、2歳になってからはこれらの動画も良く見ていました。

 

絵本CDのかけ流し ~CTP絵本の導入~

 

1歳になってからは、歌のかけ流しの他に絵本のCDのかけ流しも始めました

具体的には、CTP絵本という有名な英語のリーディング教材を使用しました。

CTP絵本は、Creative Teaching Press社というアメリカの出版社による、子ども向けの英語絵本です。

 

レベルは3段階になっています。

初めのうちは1ページの語数も少なく、さらにページ数も少ないのですぐに読めます。

 

また、この絵本に付いているCDには、チャンツ、朗読、子供がリピートをしているバージョンなどが収録。

絵本のCDというより歌のCDとして楽しむと良いと思います。

 

CTP絵本の詳しい説明、購入の仕方については、後日ご紹介するつもりです。

 

寝る前に読み聞かせ

 

先に述べたCTP絵本も薄くて短いので寝る前の読み聞かせにはぴったりです。

 

CTP絵本の他にも、1歳くらいになると興味がある絵本が出てきますよね。

子供の興味がある絵本を何冊か揃えても良いと思います。

我が家は女の子ですが、バスや飛行機が好きでしたので、定番のコチラをよく読んでいました。

 


The Wheels on the Bus

 

ちなみに、洋書はどこで買っているのか?というと、ほとんど日本のAmazonかbookdepositoryで買っています。

Amazonはみなさんご存知だと思います。

ほとんどの本が送料無料で買えますし、すぐに届きますので便利ですよね。

 

そして、bookdepositoryはロンドンのオンライン書店なのですが、なんと世界中送料無料で本が届きます

ただ、日数はかかります。

通常で2週間くらい。

 

遅いと1ヶ月くらいかかりますので、ほんとうに忘れたことに届きます^^;

ただ、しばしばセールや割引も行っていますのでチェックする価値は大いにあります

 

関連記事

英語の絵本や洋書を買うとき、「どこで購入したらいいんだろう?」と悩んでいませんか? お得に購入したいのであれば、オンラインショップで買うのがおすすめですよ。 わたしも色々と調べましたが、やはりネットで購入している人が圧倒的に多いです[…]

書店の写真

 

ワークブックの導入

クレヨンを持つ子供

娘は、1歳半頃になると、クレヨンなどを持って絵や文字を書くことに興味が出てきました。

そこで、すかさずワークブックを導入しました。

 

もちろんワークブックと言っても、ハサミやのり、クレヨンを使って遊ぶだけです。

ただ、このワークブックはもちろん英語のものを使用します。

 

とにかく慣れること

英語環境をふつうにすること

英語圏の子供たちがやっていることは積極的に取り入れること

 

これらを意識して取り組みました。

 

我が家が初めに取り組んだワークブックは、以下のようなものです。

切ったり貼ったりするものとや塗り絵や迷路などクレヨンを使ったりするものです。

 

前者のワークは薄くてすぐに終わるので達成感もあり良いです。

ただ、見た目がモノクロで地味なので、後者のschool zone社のワークブックの方がカラフルで子供の食いつきも良いかもなと思いました。

 


カラフルさはありませんが、薄くてすぐに終わるのでやる気になって取り組めるかなと思います。

子供は色塗りが好きですよね!

 


 

ボリュームがあり、カラフルで楽しそうなワークブック。

コスパも良くて親としては有難い。笑

 

まとめ

 

親子でタブレットを見ている

・CDかけ流し

・CTP絵本、かけ流し、読み聞かせ

・興味があればワークブック等のアクティビティ

 

あとは、英語圏の行事を取り入れたりと楽しくおうち英語に取り組んでいました。

子供も徐々に反応するようになって楽しく進められました。